不倫離婚で慰謝料をもらう側は養育費は払わなくてもいい?

夫もしくは妻による不倫が発覚。
離婚を選択したとき、あなたとパートナーの間に子どもがいたとしたら、養育費についての話し合いがなされることでしょう。
相手が浮気したのだから、養育費は払わなくても良いんじゃないの?と思っている人もいるかもしれません。
今回は、離婚の際の養育費について、説明いたします。

 

不倫をしたパートナーと離婚!養育費の支払いはどうするの?

子供

たとえば、妻が浮気をして離婚をしたが、親権は子供の事を考えて妻が持った。
この場合、夫は妻の下で暮らす子供に養育費を支払う必要があるのか、という疑問がある人もいるのではないかと思います。

 

勘違いされやすいのですが、不倫の慰謝料の話と子供に支払う養育費はまったく別物なのです。

 

不倫をしたパートナーや不倫相手に請求する慰謝料。
これは、精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償であり、あくまでも夫婦間、そして不倫相手との問題です。
ですが、この中には子供のことは入っていません。
養育費は、子供が一人前に成長するために必要なお金です。
慰謝料と養育費は別々に考えなければいけない、ということが分かれば、冒頭の疑問も、おのずと答えが見えてくるのではないでしょうか。

 

養育費は子供の為に支払われるもの

父と子

先ほどの例をそのまま続けてお話ししましょう。
日本では、収入が多い方が子供に対する養育費の支払い能力があるとみなされます。
そのため、もし妻の不倫によって離婚をしたという場合でも、夫のほうが収入が多い場合は、子供に掛かる養育費は夫が支払うことになります。

 

お金を渡す相手は妻になるので、どうして浮気をした妻にお金を支払わなければいけないんだ、と頭にくるかもしれませんが、養育費は子供に使うものです。
妻は関係ありません。

 

子供を扶養する義務は親にある

子供の手を包む親の手

子供にしてみれば両親のどちらから浮気をして離婚に至ったことは関係ないのです。
自分が成人するまで扶養してもらい守ってもらえる立場なのです。

 

ここをしっかり納得していれば、たとえ浮気した側に親権が渡っていたとしても、それと子供は別と心の整理がついてくるはずです。
養育費はどちらが毎月いくらずつ払っていくかしっかり話し合い、合意書や離婚協議書などにその約束事項を記載し、互いに捺印をして証拠として保管しておきましょう。

 

まとめ

相手の不倫による離婚でも、養育費を払う必要があるかどうかについて、ご説明しました。
養育費は、子供の権利です。

 

たとえあなたの側に親権があって、浮気したパートナーからお金を受け取りたくないと思っても、その場の感情で「養育費はいらない!」と断るのはよくありません。
子供がしっかりと成長するために必要かどうか、しっかりと話し合った上で、子供のことを考えて決めるようにしましょう。