不倫による離婚の際、慰謝料の額に証拠の有無が関係ある?

嫁・旦那の浮気による離婚の際、慰謝料請求には不倫の証拠があったほうが良いといわれています。
慰謝料の額を決めるのにも、証拠が重要だとも言われていますが、それは本当なのでしょうか?
ここでは、そのことについてご紹介していきましょう。

 

不倫の証拠がなければ慰謝料は請求できないの?

監視カメラ

不倫しているのは確かなのに、証拠をつかめない。
すでに離婚を決意していて、相手に対して慰謝料を請求しようと思っている場合、自分の頭の中にある「不倫の事実」だけで慰謝料を請求できるのか、また慰謝料をもらえるとしても証拠がなければもらえる額は少なくなるのか、色々と心配事がでてきます。

 

結論から申しますと、証拠が無いから慰謝料が請求できない、ということはありません。
慰謝料を請求するのは自由です。
ただし、その請求額に相手が応じず、裁判となった場合、不倫の証拠がないと裁判で認めてもらえない可能性があります。
不倫をしていたという確かな証拠があれば、確実に慰謝料を請求して受け取れます。

 

証拠があるか、ないかで慰謝料の額が変わる?

裁判の判決

なぜ浮気の証拠が必要なのか。
証拠がないと、場合によっては慰謝料を請求しても、もらえない可能性が大きいのです。

 

例えば、相手が浮気をした場面にたまたま出くわして、相手が浮気を認めたとします。
ところが慰謝料の話になった途端「浮気をしていない」と訴えてきます。証拠はあなたの頭の中にあるだけ。
それは証拠としてどこにも提出できません。
浮気をしていた事実を訴えられないのです。
結果として浮気をしていたとは認められない、よって慰謝料の支払い義務は生じない、となるわけです。

 

ちなみに浮気の証拠が沢山あればあるほど浮気をしていたという確証を高くすることはできますが、証拠が沢山あるからといって慰謝料の額自体が上がるかと言えば、そういうわけではありません。

 

慰謝料の額が平均的な額より高くなるのは、精神的苦痛を受けたことで心療内科に通い、睡眠導入剤を飲んでいる。
食事も喉を通らず体重が激減したなど、病院の診断書があれば、大きいダメージを受けている場合や、結婚年数が長い、何度も浮気を繰り返していて悪質、などの場合です。

証拠がなくても慰謝料を受け取れる場合もある

証拠が無くても、慰謝料を受け取れる場合もあります。
それは、浮気をした側が浮気を認め、慰謝料の支払いや離婚に応じた場合です。
浮気した側にしてみれば、パートナーから浮気を疑われ問い詰められると罪悪感があるため、素直に白状するという場合があります。

 

裁判にすることなく、話し合いだけで終了することができれば、証拠がなくても慰謝料を受け取ることが可能です。

 

まとめ

証拠の有無が慰謝料の額にかかわってくるかどうかについて、お話ししました。
証拠の有無で慰謝料の額が変わるというのは、慰謝料を上増しすることができるということではなく、ゼロになる可能性があるということです。

 

そうならないためにも、きちんと裁判で使える確実な証拠を取っておきましょう。