夫・妻の不倫で離婚しても不倫相手に慰謝料請求できない場合とは?

不倫が発覚したとき、パートナーはもちろんですが、不倫相手を許すこともできないでしょう。
パートナーに傷つけられたことで請求できる慰謝料ですが、不倫相手にも請求することが可能です。

 

しかし、場合によっては請求しても支払われないケースがあります。
今回は不倫相手に慰謝料を請求できない場合について、詳しくご紹介していきたいと思います。

 

不倫相手に慰謝料を請求できない3つの場合とは?

夫婦関係が既に破綻していた場合

夫婦関係の破綻

一番大きな理由は、夫婦関係がすでに破綻していた場合です。

 

分かりやすい例でいくと、別居が挙げられます。
法律上は離婚届を出していないので夫婦ですが、まったく別の場所でお互い暮らしているという状況は夫婦関係が破綻していたとみなされます。

  • 夫婦生活がまったくない
  • 長期間、別居をしている
  • 完全に別生計である

など、基本的に、夫婦として機能していない場合が夫婦関係が破綻しているといえます。
ですが、単身赴任や、再構築のための別居など、別居自体に理由がある場合は例外です。

 

夫婦と言うものは円満に共同生活を送る権利があります。
それが破綻している状況で、いくら浮気をしたからといって不倫相手に慰謝料を請求することはできないのです。

家庭内別居は別居と同じ?

家庭内別居で関係が冷え切っているからといって、夫婦関係が破綻しているといえるかというと、そういうわけでもありません。

  • 配偶者のために家事などを行う
  • 生計が一緒である

など、夫婦として協力して行うことを行っている限りは家庭内別居とは言わないので、この場合は慰謝料を請求することが可能です。

 

逆に、「配偶者のために一切家事をしていない」「生計が別」「夫婦生活一切なし」など、単に同じ屋根の下に住んでいるだけの同居人だということが証明されてしまえば、慰謝料を請求することはできません。

 

不倫相手が結婚の事実を知らされていなかったとき

何のことか分からないという女性

配偶者が不倫相手に既婚者である事実を隠して付き合っていた場合も、慰謝料を請求することはできません。
不倫相手からしても、独身だと思って付き合っていたわけですから、付き合っている相手に結婚相手がいて、その相手を苦しめる、悩ませる、追い込むという意識はまったくありません。

 

慰謝料を請求できるのは、不倫の行ったことに対して、「故意・過失」があると認められる場合のみです。
「故意」とは簡単に言えば、わざと、ということです。
結婚していることを知りながら、肉体関係をもっていたということです。
夫婦の結婚式に参列しておきながら不倫をしていた、というのはこの「故意」にあたります。

 

また、過失とは、ちょっと注意してみておけば相手が既婚者であることがわかった、ということ。
同じ職場であれば、既に結婚しているということに気づけるはずだという見方が多いので、社内不倫の場合は「過失」が適用されることが多いようです。
結婚していたことは知っているけれど、婚姻関係は既に破綻していると勘違いしていた場合も過失が適用されます。

 

ですが、不倫相手が、故意も過失もなく不倫をしていた場合は、配偶者に慰謝料を請求できても不倫相手には慰謝料を請求することはできないでしょう。

 

パートナーからもらった慰謝料が十分だった場合

お金

結局自分が一番悪いのだから、という気持ちから一般的・平均的と言われている慰謝料より多く支払う配偶者もいます。
この場合、この時点ですでに十分償いを受けていると判断されて、不倫相手の慰謝料支払いは必要なし、とみなされることがほとんどです。

 

不倫の慰謝料は、被害を与えた側が共同で、被害をこうむった側に支払うものなのです。
たとえば、不倫に対する慰謝料が300万円という判決が下ったなら、配偶者と不倫相手、2人合わせて300万円を支払う、ということです。
配偶者が既に300万円を払っているのであれば、浮気相手はもう払わなくていいのです。

 

金額じゃない、こちらの気持ちの問題、と思うかもしれませんが、パートナーにしてみれば不倫相手が支払うべき慰謝料の分もくんで支払っているケースが多いので、無理強いをしないほうがいいでしょう。
ただし、不倫の慰謝料以外に、器物損壊や暴力などがあれば、別で慰謝料を取ることは可能です。

 

まとめ

配偶者の不倫のせいで離婚しても、不倫相手に慰謝料請求できない場合があるということについて、ご説明しました。
他にも、時効が成立していた場合や、不倫が認められなかった場合にも、慰謝料が請求できないことがあります。
上記に当てはまらない場合は、しっかりと確実な証拠を得て、慰謝料を請求するようにしましょう。