不倫相手への慰謝料請求はできる?その方法は?

不倫相手に慰謝料請求をする

パートナーの不倫の事実を知ったとき、パートナーだけでなく、その不倫相手にも腹がたってきます。

ドラマや小説では、同じ人を好きになったのだから気が合うかもしれないなどという台詞が出てくることがありますが、とんでもありません。
どんなに頭を下げてきても許せるはずがない、そう思うものです。

 

既に夫婦関係が破綻していた場合や、不倫相手がパートナーに独身だと嘘をつかれていた場合などを除いて、不倫相手にも慰謝料を請求することは可能です。
ここでは、その慰謝料の請求方法について、見ていきましょう。

 

不倫相手に慰謝料を請求する方法とは?

基本的には、不倫相手に慰謝料を請求することは可能なので、あとはどのように請求するか、その手順を知っておくといいでしょう。

 

不倫相手に慰謝料を請求できない場合もありますが、それについては、下記の記事でご説明していますので、そちらを読んでください。
>夫・妻の不倫で離婚しても不倫相手に慰謝料請求できない場合とは?

 

慰謝料請求の契約書

配偶者も不倫相手もお互いの関係を認めて、慰謝料の支払いにも納得した場合は、あとは金額を決めるだけです。
不倫相手が支払う慰謝料の相場は、これまでの実例では50万円〜400万円支払っているようです。
金額の差が激しいのは、その後、夫婦が離婚したか離婚しなかったかによって大きく変わるからです。
平均するとおよそ200万円となっています。

 

この金額に不倫相手が同意すれば示談書を書いて捺印してもらい、後は一括で支払うか分割で支払うか、そのあたりも話し合っておきましょう。
示談書には不倫相手とこちらの両方の捺印が必要です。
いざというときのために証拠としてしっかり保管しておきましょう。

 

不倫相手に会いたくないときの慰謝料請求方法

内容証明郵便を送る

配偶者の浮気相手の顔も見たくないというケースもあります。
会ってしまうと自分がどうなるか分からないので怖い、怒りが頂点に達して自分をコントロールできなくなる、そんな心配もあるでしょう。
また、不倫相手がまったく支払いの意思を見せなかったり、不倫の事実事態を否定していた場合にも有効です。

 

そのときは内容証明郵便を利用して慰謝料を請求する旨連絡をとります。
内容証明郵便はできれば法律に詳しい弁護士などに作成をお願いするといいでしょう。

 

感情的になって、万が一相手を脅迫してしまうような内容の手紙を送ってしまったのでは、逆にこちらが脅迫したと訴えられてしまいます。
内容証明に弁護士事務所の名前が書いてあれば、相手も逃げ道がないと観念するでしょう。

 

まとめ

いつまでも許さない自分がいけないのかな、と思うこともありますが、不倫による痛手は想像以上に大きく、場合によってはそのダメージが長引くこともあります。
ここは心を鬼にして、パートナー、そして不倫相手にも慰謝料をしっかり請求しましょう。
そして、配偶者の浮気相手が不倫の事実事態を否定してきた場合に備えて、きちんと証拠を確保しておくことも、大切です。