はじめに

夫や妻が浮気をしている。
このまま一緒に生活なんて続けられないから離婚したい、とお考えの方も少なくないのではないかと思います。
でも、離婚のことや慰謝料のことなんて、よくわからない…という方のために、当サイトでは慰謝料の相場や慰謝料をしっかりともらうための方法などを掲載しています。

 

泣き寝入りをしないためにも、正しい知識と証拠を獲得しましょう。

 

 

目次
  1. 慰謝料についての基礎知識〜不倫による離婚の場合〜
  2. 夫・妻の不倫による離婚の慰謝料相場はどれくらいなの?
  3. 離婚の慰謝料請求は夫・妻の不倫相手にもできる?
  4. 配偶者の不倫による離婚で慰謝料をしっかりもらう為には
  5. 離婚のための不倫の証拠集めはプロに依頼!

 

 

 

慰謝料についての基礎知識〜不倫による離婚の場合〜

慰謝料

まず、あなたは慰謝料について、どのくらい知っているでしょうか?
浮気したのは妻だけど、男性である夫側が払わなくてはいけない、なんて考えていませんか?

 

ここでは、慰謝料の基本的な知識について、確認していきたいと思います。

 

慰謝料は誰が払うの?

支払いをする男性

慰謝料とは、精神的苦痛を与えた人が、精神的苦痛を受けた人に支払うものです。
精神的苦痛がどれほどのものだったのか心の中を覗くことはできません。
そのため本人がどれほどダメージを受けているのか他人は知ることができませんが、これまでの事例を元にして、どういった状況ならどのぐらいの慰謝料が支払われるのか、金額を決めていきます。

 

浮気が原因の場合は、「浮気をした人」が「浮気をされた人」に慰謝料を支払います。
付き合っていた相手が結婚をしていたという事実を知りながら付き合っていた浮気相手に対しても、慰謝料を請求することができます。

 

慰謝料の金額にどうやって合意するか

話し合いをする夫婦

二人で話し合って決めて、お互いに納得したのなら「離婚協議書」を作成して、いくらの慰謝料をどういう形で支払うか、例えば月々支払っていくのか、それとも貯金があるなら一括で払うかなど、離婚協議書に記入してお互いに捺印しましょう。

 

しかし、お互いに支払う金額、受け取りたい金額に違いが出た場合、これは裁判所で決定されるという流れになります。
本来であれば二人の話し合いで合意したほうが後腐れがなくていいのですが、なかなか合意できないというケースは少なくありません。

 

慰謝料の額を決めるポイント

慰謝料の額を決めるポイントとしては、主に下記の内容が軸になります。

  • 離婚後の生活能力
  • 収入や地位
  • 結婚期間や別居期間
  • 精神的苦痛の大きさ
  • 離婚を決断した理由、原因

これら以外にも様々な要因を加味して、最終的に慰謝料の額が決められます。

心の傷を癒すもののひとつが「お金」

心を痛める女性

実際に離婚した方の中で「後悔した」という項目に「慰謝料を受け取らなかった」というものがあります。
慰謝料を受け取ったことで心の傷が完全復活するわけではありませんが、こちらが被害を被ったことに対して相手がお金を払うということ。
これが罪を償うひとつの方法として受け入れられるのです。
非情なわけではありません。法律でも慰謝料を受け取ることはしっかり認められています。

 

あとから後悔する前に、慰謝料はしっかりともらいましょう!

 

夫・妻の不倫による離婚の慰謝料相場はどれくらいなの?

首を傾げて悩む男女

気持ちの問題だからお金は要らない、と思うかもしれませんが、上でも申し上げたように、心の傷を癒してくれるひとつがお金です。

現実的で冷たすぎる、自分にはさすがにお金を請求することはできないという方もいますが、相手が浮気をしたことは、紛れもなくこちらに対する裏切り行為。
このとき慰謝料をしっかり受け取っていれば、多少なりとも慰めになるでしょう。

 

では、不倫による離婚の場合、慰謝料はどれくらいになるのでしょうか?

 

不倫が原因で離婚する場合の慰謝料の相場

離婚の原因になったのが相手の不倫。
これは相手に落ち度があるのですから、必ず慰謝料は請求できます。
精神的苦痛に応じた金額を請求することができます。

 

気になるのはその金額です。
上でも少しご紹介しましたが、チェック項目として下記が挙げられます。

  • 結婚期間はどのぐらいあったか
  • 慰謝料を払う側の収入
  • 慰謝料を請求する側の再婚をする可能性
  • 離婚の原因や理由…など

 

最後の「離婚の原因や理由」ですが、不倫が離婚の直接の原因となったか、それとも既に婚姻関係が破綻していたのかで、大きく変わってきます。
そのため、裁判で慰謝料を決定する場合でも、100万円〜500万円と幅があります。
また、不倫の期間が長い・何度も繰り返していたなどの場合は、程度が悪質とみなされるので、慰謝料は高額になります。

 

出来るだけ多く慰謝料をもらうためには

診断書

中には精神的苦痛が大きすぎて心療内科に通う人もいます。
信頼していた人に裏切られたわけですから、あまりのショックで眠れない、食事も取れないという状態になるのも頷けます。

 

このとき、支払った診療代の領収書は捨てずにもっていること。
診断書があれば、どんな症状で病院に通院しているかがさらに伝わりやすいので、もらっておくといいでしょう。
二人の話し合いで解決しない場合、裁判所に精神的苦痛を受けた大きさを伝えるために、この二つはかなり証拠としてインパクトが強いです。

 

 

離婚の慰謝料請求は夫・妻の不倫相手にもできる?

慰謝料の請求話し合いをするスーツの男性

浮気は、1人ではできません。相手があってこそ成立するものです。
夫や妻の不倫が原因で離婚をすることになった場合、パートナーへの慰謝料請求はもちろんのこと、その不倫相手にも、慰謝料を請求することができるのでしょうか?

 

パートナーの不倫相手にも慰謝料請求は可能?

結論から申し上げると、不倫相手にも慰謝料を請求することは可能です。
もちろんいくつか条件がありますが、パートナーだけでなく、その不倫相手も自分を裏切っていたわけですから、精神的苦痛を受けたと訴えることができます。

 

不倫行為というのはパートナーに対する最大の裏切りで、法律でも違法性がある行為として認めています。
慰謝料を損害賠償として請求できますので、パートナーに請求するのと同時に手続きを進めていくといいでしょう。

 

不倫相手への慰謝料請求には条件がある

上記で、不倫相手にも慰謝料を請求することができると申し上げましたが、できない場合もいくつか、あります。
そのことについて、見ていきましょう。

既に夫婦関係が破綻していた場合

夫婦関係の破綻

浮気をした当初から既に、夫婦として関係が破綻していたとみなされた場合は、慰謝料を請求することができません。

 

夫婦関係が破綻しているかどうかを判断する最大のポイントとしては、別居をしているかどうかが挙げられます。
別居をしていた場合、これは夫婦関係が破綻しているとみなされます。
家庭内別居状態の場合は、表向きは夫婦関係が破綻しているとはわかりにくいため、よほどのことがないかぎり、夫婦関係が破綻しているとはみなされません。

理由のある別居であれば、慰謝料請求は可能

別居中の場合でも、慰謝料を請求できることがあります。
再構築のための別居単身赴任のための別居など、別居に理由がある場合です。
この場合であれば、夫婦関係が破綻していることにはならないので、不倫相手にも慰謝料を請求することができます。

 

不倫相手が結婚の事実を知らなかった場合

知らなかった

もしもパートナーが不倫相手に対して、結婚している事実を隠していた場合も、慰謝料を請求することはできません。

 

不倫相手に慰謝料を請求することが出来るのは、「故意」「過失」があると認められる場合のみです。
この場合の「故意」「過失」とは、既婚者である事実を知っていた、不倫が始まった時点で夫婦関係が破綻していないということを知っていた、または注意して見ていれば気づけた、ということです。
夫婦の結婚式に出席していたり、社内不倫であった場合などは、既婚者であることを知っていたという可能性が高いので、慰謝料を請求できます。

 

ですが、パートナーが出会い系サイトなどで身分を偽って知り合ったなどの場合は、不倫相手が結婚の事実を知っていたと証明するのは難しいでしょう。

 

不倫相手への慰謝料請求はどのようにすればいい?

不倫相手が不倫を認めた場合、自分に対して慰謝料を支払う意思がある場合は、不倫をしていた証拠などは特に必要ありません。

 

しかし、結婚していたことを知っていながら不倫していたのにもかかわらず、慰謝料の請求を拒んできた場合は、裁判所に、不倫をしていた証拠やこの不倫によって精神的苦痛を受けて通院したという証拠(診察料の領収書や診断書)を提出して慰謝料を請求しましょう。

 

 

配偶者の不倫による離婚で慰謝料をしっかりもらう為には

札束

不倫をされたことによるダメージは、計り知れないものです。
相手の浮気が原因で離婚をする夫婦は、少なくありません。
その際、相手から慰謝料をとることができます。
しかし、お金が絡むことですから、パートナーも不倫相手も、慰謝料を取られまいと必死になってくる時もあります。

 

では、相手の不倫による離婚の慰謝料をしっかりともらうためには、どうすればよいのでしょうか?

 

弱気にならない・自分を責めない

落ち込む男性

不倫はパートナーも不倫相手も許せない。
これは一般的な感情として当たり前ではないでしょうか。
その憤りはどうやって解消するか、もちろんどんなことをしても「一生許せない」という感情も芽生えるかもしれません。
もちろんそれも当たり前の感情です。

 

浮気がバレた2人が謝ってきたのに、許せない自分はおかしいのだろうか、自分が悪いのだろうか、と思い悩むことはありません。
それで許せる人もいますが、許せなくても、おかしくないのです。

 

慰謝料の請求は、正当な権利です。
慰謝料を請求すること自体を非難される謂れは無いので、弱気にならないようにしましょう。

 

離婚なら慰謝料請求はパートナーと不倫相手の両方にすべし

自分を大きく傷つけたのはパートナーか、それとも不倫相手か、天秤にかけても選ぶことはできないはずです。
慰謝料を請求する場合、その気持ちをそのまま反映させて、パートナーにも不倫相手にも慰謝料を請求することが可能です。
どちらの行為も裏切り行為として最悪なわけです。
裁判所でもしっかりそのことを認めてくれます。
どちらに請求するか迷う方もいるようですが、先々の事を考えた場合「両方に請求しておいたほうがいい」これが一番いい解決法となっています。

両方に請求しておいたほうがいい理由は色々ある

慰謝料請求した際の体験談の中で、以下のような事例がありました。

 

長年連れ添ったパートナーにお金を要求することはさすがに躊躇すると言う理由で、不倫相手にのみ慰謝料を請求したのです。
ところが、不倫相手はパートナーが結婚していた事実を知らないと言い張ったようです。
この訴えが裁判所で認められてしまい、結果的に不倫相手から慰謝料を受け取ることができませんでした。
もしもこれがパートナーにも請求していれば、一般的な慰謝料の額を受け取れたかもしれません。

 

あとで「あのとき請求しておけばよかった」と後悔しないためにも、慰謝料の請求はしっかりと行いましょう。

 

不倫していたという証拠を集めることが重要!

不倫の証拠

パートナーが見知らぬ異性と会って、身体の関係を持ったことがはっきりと分かる証拠を押さえておいたほうがいいです。

 

なぜなら、もしもこの不倫が原因で離婚となったとき、相手側が慰謝料の支払いをしぶったり、離婚することに合意しない場合があるからです。
浮気はしていない、なにか勘違いしてる、と平気でウソをつく人もいます。

 

このとき、裁判所で慰謝料の支払いを認めてもらう、離婚を認めてもらうときにパートナーが浮気をしていたという証拠があれば、ぐうの音も出ないはずです。

 

 

離婚のための不倫の証拠集めはプロに依頼!

虫眼鏡を覗く女性

離婚で慰謝料をしっかりと取るためには、不倫の証拠を集めておいた方が良いということをお話ししました。
その際、その道のプロである探偵に任せるのがもっとも良い方法だといえます。
それには、理由があります。

 

ここからは、探偵に証拠集めを依頼した方が良い理由とおすすめの探偵事務所について、お話ししていきましょう。

 

不倫の証拠集めは簡単なようで難しい

隠れてカメラを構える男性

いざ不倫の証拠を集める場合は、当然ですが、パートナーに証拠を集めていることを気付かれないほうがいいです。
なぜならば、勘付かれてしまえば、行動が慎重になり、証拠をつかみにくくなるからです。
証拠を取る方法として一番簡単なのは、パートナーがお風呂に入っている間に携帯電話のメールや電話の着信、配信記録をすかさず写真に撮ることです。
ところが、パートナーがなんとなく危ない気配を感じてしまうと脱衣場に携帯電話を持ち込むようになる可能性があるのです。
その行動自体が怪しいとは本人は気付いていないのですが。

 

また、その簡単な証拠も内容によっては、裁判所が不倫の事実を認めてくれない可能性があります。
やはり確かな証拠をパートナーにバレないように集めるには、探偵にお任せするのが一番でしょう。

 

ですが、探偵なんて怪しいし、どこに頼めばよいか分からない…という方もいらっしゃるでしょう。
そんな方は、浮気調査の探偵事務所口コミランキング様を参考にしてみると良いかもしれません。
浮気調査に強いとされている探偵事務所がランキング形式で紹介されていて、さらにその口コミも見られるのでおすすめです。

 

今回は上記サイトでランキング1位を獲得している、「原一探偵事務所」を軽くご紹介しておきたいと思います。
原一探偵事務所の口コミは原一探偵事務所の口コミ様で見られますので、気になる方はチェックしてみてください。

 

浮気調査におすすめの「原一探偵事務所」

浮気・不倫調査におすすめの原一探偵事務所

 

原一探偵事務所の特徴としては、以下のような感じです。

特徴

  • 浮気調査実績40年以上、解決実績70,000件以上
  • 全国対応可、全部で17拠点
  • 24時間365日対応可能、即日調査可
  • 県庁のホームページにも掲載
  • 東京都弁護士協同組合特約店

調査費用

相談料・通話料:無料
見積もり無料

 

諸経費込み、追加費用一切なし

 

基本料金:¥40,000
調査料金:¥80,000〜/日

 

分割払い、クレジットカード払い:可

 

すぐお電話したい方はこちらから(通話料無料)

 

TEL:0120-31-3869

 

探偵に調査を依頼すると、調査費用が不透明でわかりづらかったり、諸経費は別途、追加で必要だったりすることが多いようです。

 

ですが、原一探偵事務所は、最初の見積もり費用の中に、

  • 調査員人件費
  • 調査車両代
  • 調査機材代
  • 報告書作成費
  • 諸経費など

必要とされる費用のすべてが含まれているので、見積もりの金額以外に一切追加費用がかからないといった特徴があります。

 

更に、調査報告書がとても丁寧で、証拠能力の高さは弁護士からの折り紙つき
調査後もしっかりフォローしてくれ、必要であれば弁護士の紹介法的アドバイス、カウンセラーの紹介もしてくれるので、すぐに離婚を考えている方は改めて弁護士を探す手間が省けます。

 

「原一探偵事務所」公式サイトはこちら

 

 

どんな探偵が良いの? 探偵に依頼するときのコツ

悩む女性

上記では原一探偵事務所をご紹介しましたが、世の中には他にも、いろいろな探偵事務所・興信所があります。
金額も安くはないし、相性もあるからと、色々と見て決めたいという方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、どんな探偵に依頼すればよいか、探偵に依頼するときのコツを下記に挙げてみました。

 

どんな探偵が良いの?

一番重要

自分が何を第一に優先したいかを決めておくと良いでしょう。
たとえば、「実績」と「信頼」重視だとか、予算をできるだけ抑えたい、など、自分にとって何よりも譲れないポイントがあるはずです。

 

更に、「無料相談・見積もりを受け付けている」「浮気調査を得意とする」探偵事務所に相談してみると良いでしょう。
そこで見積もりをとってもらって、内容に納得できるか、分からないことはすべて訊きましょう。
人生を左右しかねない大事なことです。
早く決めるように急かされたり、慎重に検討したいと思う気持ちを汲んでくれないところは、あまりおすすめできません。

 

どのように探偵を依頼したらいいか、親切にアドバイスをしてくれる探偵会社や、全国展開しているところは信頼できるはずです。

 

探偵の費用を抑えるコツとは?

コストカット

いつどこで不倫相手に会うのか分からないまま探偵に依頼すると、毎日尾行する必要があるので、料金が膨大になります。
そこで、可能であれば、探偵に依頼する前に、パートナーの日頃の行動を観察してみてください。

 

例えば、いつも決まった曜日に夜遅くなるとか、第何曜日には必ず泊りがけの出張と言って帰ってこないなど、この日に不倫相手と会うだろうという日時の目星をつけるのです。
そうして、アタリをつけたその日に尾行してもらうよう依頼します。
そうすれば浮気の証拠を確実に捉えられますし、費用もぐぐっと抑えることができます。

 

まとめ

 

パートナーの不倫による離婚の際の慰謝料の基礎知識や相場、慰謝料をしっかりともらうために必要な事などをお話ししました。

 

離婚の意志を固めている人にとって、証拠は必要不可欠です。
裁判になった際、慰謝料の額を決めるためだけでなく、どちらが有責か、はっきりとさせておくことは、今後あなたが再婚する際にもとても重要な事です。
自分の未来を守るという意味でも、証拠をきちんと集めておくのがよいでしょう。

 

その際、探偵を利用してみるのも、悪くない手段だと思います。
自分でしっかりと見極めて、納得できる探偵・興信所を探してみてはどうでしょうか?